仮性包茎を安くする

真性包茎やカントン包茎となれば、今の日本ではれっきとした病気扱いとなりますので、健康保険が適用されて比較的に安く包茎手術が受けれることになります。
ですが、仮性包茎の場合は日常生活に全く支障がでないため、包茎手術を受けるとなると全額自己負担での手術となってくるのです。
症状や手術方法によって個人差がでるのですが、一般的に仮性包茎の手術費用は10万円ぐらいはかかってきます。

一般の生活をしている人にとっての10万円というのは決して安い金額ではありません。
とはいえ、包茎は治したいと考える人も多くいます。
では、仮性包茎であっても比較的安く包茎手術が受けられる方法というものは存在してくるのでしょうか。
ちなみに、包茎手術はただ費用が安いだけのクリニックを選ぶと見た目が不自然になるリスクが高くなります。
ですので、費用の安さと技術力の高さと両方バランスが取れているクリニックを3つ4つピックアップし、それらのクリニックをよく比較検討したほうがいいのです。

しかし、費用が安いクリニックで包茎手術を受けてもそれなりの負担は覚悟しなくてはなりません。
と考えたところ、やはり費用面を考えれば保険適用外でも泌尿器科での手術が一番安く済むと考えられてきます。
ですが、やはりそこはどうしても手術後の見た目のリスクということだけは避けられない部分でもあるのです。
保険診療となる包茎手術では、美容目的ではなく治療目的であることから当然の結果ともいえるのです。
そこで、仮性包茎だけど包茎手術を安くしたい、でも仕上がりは自然なほうが良いという場合は、専門のクリニックで切らない包茎手術を選ぶと言う方法があります。

一般的な切る包茎手術では、クリニックにもよりますが7万円~10万円ほどの費用がかかってきます。
もちろん、健康保険は一切適用されませんので全額自己負担となりますが、切らない包茎手術よりも3万円ほど大幅に安くなってくるのです。
それにプラス、メスで切ることもありませんので、ほとんどといって痛みもありません。
その代わりに、仮性包茎の中でも軽度な症状に向いている手術方法になりますので、軽度以上だと受けられないといわれることがあります。

軽度の仮性包茎でしたら普通の包茎手術より3万円程度安く済みますが、それ以外であればやはり10万円以上はかかると思ってまず間違いはないでしょう。
結局、今の日本では仮性包茎であることは恥ずかしいものかもしれないが、決して病気ではないという認識が非常に大きいようにも感じます。