専門のクリニック

仮性包茎以外の真性包茎やカントン包茎であれば、健康保険が適用されてきますので泌尿器科での手術で十分なように思えます。
もちろん、手術後の仕上がりといった部分にまで気を配っているため仕上がりには多少の不安は残りますが、治療目的であるのでしたら泌尿器科での手術で十分なのです。

そこで、上手くて安い包茎手術を受けるための狙い目は、繁華街から離れた住宅地の中にあるあまり流行っていない泌尿器科を受診することがオススメだといわれています。
その多くはベテランの医師が個人経営する医院であり、包茎手術などにはかなり慣れておりあっという間に手術を終わらせてくれるからです。

もちろん、同じように健康保険が適用されますので2~3万円程度の費用で手術を受けることができます。
とはいえ、やはり手術後の見た目といった部分にまでこだわりたいという人も多くいるはずです。
そうとなれば、当然専門のクリニックでの包茎手術を受けるしか方法はないのです。
そこで、包茎手術が専門のクリニックを受診した場合、一般的に費用は高くなって10万円以上は覚悟をしなければなりません。

ちなみに、一般の泌尿器科よりも専門のクリニックが優れている点は、患者の快適さと陰茎増大長茎術や早漏防止治療などのオーダーメイドの治療ができることです。
一般の泌尿器科で治療を受けた場合、プライバシーが厳格に保たれているわけではありませんので、多くの看護師に陰部を見られる可能性が大いにありえます。
それと、個人情報保護がきちんと徹底されていないということから、包茎手術を行ったことが他の患者などにバレる恐れも否定できないのです。

しかし、専門のクリニックでは情報管理とプライバシー保護がきちんと徹底されています。
クリニックの造りそのものがプライバシーに配慮された個室タイプの部屋が中心となっており、担当の看護師が専任でついて何人もの看護師に陰部を見られることもありません。

後、手術後の痛みなどのケアにも大いに気を使っています、
包茎手術では手術中の痛みは麻酔のためにほとんどといってありませんが、痛みが出るのは手術後の一週間の間で、その後の抜糸のときでもあります。
ですが、専門のクリニックでは皮を切除しない亀頭部露出術を考案し、切除手術そのものを最小にしています。
それと、抜糸の必要がない糸を採用し、抜糸のときの激しい痛みを発生させない工夫もされていたりもします。
ということから、真性包茎やカントン包茎の手術であれば、どちらでの方法が自分に合うかの選択というものができるということです。