仮性包茎を安くする

真性包茎やカントン包茎となれば、今の日本ではれっきとした病気扱いとなりますので、健康保険が適用されて比較的に安く包茎手術が受けれることになります。
ですが、仮性包茎の場合は日常生活に全く支障がでないため、包茎手術を受けるとなると全額自己負担での手術となってくるのです。
症状や手術方法によって個人差がでるのですが、一般的に仮性包茎の手術費用は10万円ぐらいはかかってきます。

一般の生活をしている人にとっての10万円というのは決して安い金額ではありません。
とはいえ、包茎は治したいと考える人も多くいます。
では、仮性包茎であっても比較的安く包茎手術が受けられる方法というものは存在してくるのでしょうか。
ちなみに、包茎手術はただ費用が安いだけのクリニックを選ぶと見た目が不自然になるリスクが高くなります。
ですので、費用の安さと技術力の高さと両方バランスが取れているクリニックを3つ4つピックアップし、それらのクリニックをよく比較検討したほうがいいのです。

しかし、費用が安いクリニックで包茎手術を受けてもそれなりの負担は覚悟しなくてはなりません。
と考えたところ、やはり費用面を考えれば保険適用外でも泌尿器科での手術が一番安く済むと考えられてきます。
ですが、やはりそこはどうしても手術後の見た目のリスクということだけは避けられない部分でもあるのです。
保険診療となる包茎手術では、美容目的ではなく治療目的であることから当然の結果ともいえるのです。
そこで、仮性包茎だけど包茎手術を安くしたい、でも仕上がりは自然なほうが良いという場合は、専門のクリニックで切らない包茎手術を選ぶと言う方法があります。

一般的な切る包茎手術では、クリニックにもよりますが7万円~10万円ほどの費用がかかってきます。
もちろん、健康保険は一切適用されませんので全額自己負担となりますが、切らない包茎手術よりも3万円ほど大幅に安くなってくるのです。
それにプラス、メスで切ることもありませんので、ほとんどといって痛みもありません。
その代わりに、仮性包茎の中でも軽度な症状に向いている手術方法になりますので、軽度以上だと受けられないといわれることがあります。

軽度の仮性包茎でしたら普通の包茎手術より3万円程度安く済みますが、それ以外であればやはり10万円以上はかかると思ってまず間違いはないでしょう。
結局、今の日本では仮性包茎であることは恥ずかしいものかもしれないが、決して病気ではないという認識が非常に大きいようにも感じます。

専門のクリニック

仮性包茎以外の真性包茎やカントン包茎であれば、健康保険が適用されてきますので泌尿器科での手術で十分なように思えます。
もちろん、手術後の仕上がりといった部分にまで気を配っているため仕上がりには多少の不安は残りますが、治療目的であるのでしたら泌尿器科での手術で十分なのです。

そこで、上手くて安い包茎手術を受けるための狙い目は、繁華街から離れた住宅地の中にあるあまり流行っていない泌尿器科を受診することがオススメだといわれています。
その多くはベテランの医師が個人経営する医院であり、包茎手術などにはかなり慣れておりあっという間に手術を終わらせてくれるからです。

もちろん、同じように健康保険が適用されますので2~3万円程度の費用で手術を受けることができます。
とはいえ、やはり手術後の見た目といった部分にまでこだわりたいという人も多くいるはずです。
そうとなれば、当然専門のクリニックでの包茎手術を受けるしか方法はないのです。
そこで、包茎手術が専門のクリニックを受診した場合、一般的に費用は高くなって10万円以上は覚悟をしなければなりません。

ちなみに、一般の泌尿器科よりも専門のクリニックが優れている点は、患者の快適さと陰茎増大長茎術や早漏防止治療などのオーダーメイドの治療ができることです。
一般の泌尿器科で治療を受けた場合、プライバシーが厳格に保たれているわけではありませんので、多くの看護師に陰部を見られる可能性が大いにありえます。
それと、個人情報保護がきちんと徹底されていないということから、包茎手術を行ったことが他の患者などにバレる恐れも否定できないのです。

しかし、専門のクリニックでは情報管理とプライバシー保護がきちんと徹底されています。
クリニックの造りそのものがプライバシーに配慮された個室タイプの部屋が中心となっており、担当の看護師が専任でついて何人もの看護師に陰部を見られることもありません。

後、手術後の痛みなどのケアにも大いに気を使っています、
包茎手術では手術中の痛みは麻酔のためにほとんどといってありませんが、痛みが出るのは手術後の一週間の間で、その後の抜糸のときでもあります。
ですが、専門のクリニックでは皮を切除しない亀頭部露出術を考案し、切除手術そのものを最小にしています。
それと、抜糸の必要がない糸を採用し、抜糸のときの激しい痛みを発生させない工夫もされていたりもします。
ということから、真性包茎やカントン包茎の手術であれば、どちらでの方法が自分に合うかの選択というものができるということです。

保険が適用される泌尿器科

男性のコンプレックスの一つに包茎というものがあります。
基本的には人に見せるものではありませんので黙っていればわからないものなのですが、温泉や海水浴などでの着替えの際に包茎であることが恥ずかしくて、思うように楽しめないという男性も少なからず存在しているのです。
そういった、男性のコンプレックスの救世主的存在に包茎手術というものがあります。

今では気軽に包茎手術が行われていますし、自分の症状や費用に応じたオーダーメイドの包茎手術も存在しているのです。
ちなみに、包茎には「真性包茎」、「カントン包茎」、「仮性包茎」の大きく分けて3つの包茎が存在してきます。
簡単に説明しますと、真性包茎とは皮を自分で剥こうとしても剥けない包茎、カントン包茎は皮を無理に剥くと亀頭を締め付けてしまう包茎、仮性包茎は皮がかぶっていても自分で剥くことができ勃起時にも自然に剥ける包茎となります。
そこで、真性包茎やカントン包茎というのは性行為の際にかなりの痛みを伴うことが多いため、今の日本では病気と見なされ健康保険が適用になってくるのです。

ということから、これらの包茎を治療目的のためであるのでしたら泌尿器科での手術で十分なのです。
治療方法はいくつかありますが、ここでの一般的な方法は余分な皮を切り取り、亀頭部分を常に露出した常態にするシンプルな方法が一般的となります。
皮を切り取るだけで余分な治療は行わず、費用も健康保険が適用されて2~3万円といったところでしょう。
ですが、包茎手術が専門のクリニックで同じ手術を受けると費用が数倍に跳ね上がることがあるのです。
その最大の理由に、専門のクリニックでは一切健康保険が適用されないからです。

とはいえ、その反面では設備の充実度、プライバシー、手術後の仕上がり、手術後のケア、といったあらゆる部分に気を使っています。
ですので、見た目を重視するのであれば専門のクリニックの受診も考えられますが、単に機能面だけを重視した治療を受けるのであれば健康保険が適用される一般の泌尿器科で十分ということなのです。
後、同じ手術方法であれば医師の技量が同等だとするとリスクも同じになります。
両者の比較は単に包茎手術の専門か非専門かでの比較は間違いで、担当する医師の技量に負うところが多いのが実用なのです。

いくら専門のクリニックでも、手術経験の少ない医師が担当の場合は慎重な選択が必要になってきます。
それと、腕が良い医師は場数を踏んだベテラン医師で、商売上手かどうかは関係がなく包茎手術が専門の有名なクリニックだからと信用して受診すると費用ばかりがかさんでしまうのです。
ということから、本当に安く済ませることを最優先に考えるのであれば健康保険が適用される泌尿器科がベストではないかと思われます。